進学塾nend

茅ヶ崎北陵高校

      2017/02/15

茅ヶ崎北陵高校は旧制茅ヶ崎学区のトップ校である。トップ校らしい落ち着いた校風と、確かな進学実績で平塚学区からも近年受験者が多い。長い歴史に基づく確かな指導で地元でも信頼されており、のびのびとした学園生活を送るには最適だ。特色検査を課していないトップ校であるため、〈内申が高いが模試に不安がある〉まじめな生徒には適しているだろう。逆に〈さまざまな理由から内申は低いが、実力がある〉という生徒は、他のトップ校を考えたほうがよいかもしれない。

【受験情報】
内申は120程度が目安。近年はチャレンジ組が少なく、高い内申をもった子が第一志望に挙げることが多い。早い段階からこの高校を意識して取り組んでいるということだ。入試では400点オーバーを目標にして模試を活用しよう。安定して370点以上であれば合格は近い。北陵は面接の重要度がきわめて高く、ほかのトップ校の多くが面接点に大きな差をつけていない(=学力がある子であれば、他は問題視しない)のに対し、面接点で大きな差をつけているため、合否がひっくり返るおそれがある。さまざまな理由で内申が整わない子は、他のトップ校にチャレンジしたほうがよいだろう。

 - 神奈川県公立高校入試情報