※コロナ対応について
4/7(火)現在、国から緊急事態宣言が出されています。
東京都では休業要請を行う業種を4/10(金)に発表する方向で調整を始めましたが、東京都以外の神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の各県は民間に対する休業要請を見送る方針となりました。スクールは平塚市の感染者数を注視しながら、慎重な運営を行うつもりです。

進学塾nend

高専

      2015/02/27

うちの生徒がスクールに来て、「東京国立高専に補欠合格しました」との報告をくれました。

高専は、NHKの「高専ロボットコンテスト(ロボコン)」で有名だと思いますが、中学卒業後に入れる国立の教育機関で、高校とは異なり5年間通うことになっています。専門学校と勘違いする人もいますが、高校とは異なる形の進学先の1つだと思ってください。個人的に高専はもっとメジャーになってもよいくらい、とてもいい進学先の1つだと思っているのですが、まだまだ知名度は低いようです。

東京国立高専は5段階評価でオール4+5が半分以上だと推薦で合格する可能性が非常に高いのですが、一般入試の場合には、神奈川県でいえば準トップ高(オール4程度)の成績、あるいはそれに見合う学力が必要です。入試科目は英・国・数・理の4教科で、数学は配点が2倍になります。

冒頭で報告をくれた子は、成績は十分ではないものの、非常に数学ができる子なので、12月の冬期講習中に「ぜひともチャレンジしてほしい」と話していたのです。(この話をもちかけるにあたっては、さまざないきさつとドラマがあったのですが、ここでは割愛いたします)

平塚市の中学生で高専を受ける子は圧倒的に少ないようで、中学の先生も受験の仕方をご存じない方が多いようでしたが、その後本人はわずか40日程度の短い期間ですが猛勉強をし、補欠合格に至ったようです(たいしたものです)。

さて、彼が正規合格できるよう祈っています。

 - スタッフブログ

-->